医師の求人状況

 医師不足も社会問題化している昨今、インターネットでは多くの医師求人サイトも見られます。
医師こそ正に特別の資格とスキルを持った職種であり、医師の資格を持たない人にとっては求人医師の情報は何の関係もなく、医師の資格を持つこと自体、周知のようにとてつもなく狭き門をくぐりぬけてきた結果なのです。
そのような特殊な世界であるに関わらず、多くの医師求人情報がインターネットを中心に見かけられるところに、医療現場の問題点があるのかもしれません。
 事実、一部地方では、かなり極度な医師不足が恒常化しているようで、特に過疎が問題になっているような区域では、いかに医師求人広告を出そうとも、なかなか集まらないのが現状のようです。
しかし、医師不足の地域の多くは、高齢化も同時に問題になっているケースが多く、本来そうした場所にこそ十分な医師数が必要であるはずなのですが。
 また、地域のみならず、診療科によっても医師数の偏りが激しいということで、当然医師の不足している診療科の医師求人広告などは多いはずですが、絶対数が少ないものは、いくら医師求人を出しても簡単には集まらないのは当たり前です。
 こうして考えていくと、医師という社会に絶対必要な職種の不足による、医師求人サイトの増加は、あまり喜ばしいことではないのかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。