医師不足の診療科

 医師求人サイトなどでは当然、医師が不足している地域や診療科に関する医師求人広告が多く見られます。
それでは、医師求人が比較的多く見られる、医師が不足している診療科にはどのようなものがあるのでしょう。
 報道などでも耳にすることがよくあるので知っている人も多いのではないかと思いますが、小児科・産婦人科・麻酔科の医師は、不足し、しかも減っている傾向にあるのだそうです。
つまりこの3つの診療科の医師求人を多く出してもなかなか効果的に医師が集まることはないということでしょう。
小児科・産婦人科・麻酔科の医師が不足しているのは、元々女性の医師が多いところへ、近年の過酷な労働条件が離職率を高めているのだと見られています。
 とは言っても、医師の少ない上記3診療科の医師がこのまま減っていけば社会全体の大きな問題となっていきます。
どうしてもこれらの医師を確保するためには、単に医師求人募集を出すだけでなく、具体的な労働条件の改善を打ち出していかねばならないでしょう。
 医師求人情報は、もちろんよりよい職場を求める医師たちのために必要ですが、恒常的な医師不足のための医師求人広告でなく、適度な量の医師求人があるような状態になればいいのですが。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。